HOME > 導入事例 > 太陽電池試験システム > 長期屋外暴露試験システム
 
 



  長期屋外暴露試験システム@

太陽電池モジュールに実運用と同等の負荷を与え、その特性変化を測定する長期運転試験
システムです。
通常時はパワーコンディショナに接続し、系統連系した状態で動作しています。
・太陽電池の出力を測定時のみPVスキャナ(切替機)によってPVアナライザに接続しI-Vカーブを取得
・パソコンにて測定結果を集計。I-Vカーブファイル、日報ファイル、月報ファイルとしてCSV形式で
 保存
・I-Vカーブ、日報、月報の各データファイルは、専用ソフトで確認


  長期屋外暴露試験システムA

太陽電池モジュールに実運用と同等の負荷を与え、その特性変化を測定する長期運転試験
システムです。
通常時はPCSの動作を模擬するMPPT電子負荷装置(最大定格4 [kW])に接続し、系統連系
せずに動作しています。
・太陽電池の出力を測定時のみPVスキャナ(切替機)によってPVアナライザに接続しI-Vカーブを取得
・系統連系が不可能な環境で実運用と同等の負荷を与えたい場合に最適
・パソコンにて測定結果を集計。I-Vカーブファイル、日報ファイル、月報ファイルとしてCSV形式で
 保存
・I-Vカーブ、日報、月報の各データファイルは、専用ソフトで確認