HOME > 導入事例 > 太陽電池試験システム > 30チャンネル切り替えI-V測定システム
 
 



  30チャンネル切り替え I-V測定システム

1台のPVアナライザで30種30枚の太陽電池モジュールを切り替えて測定するシステム
です。
通常時はPCSの動作を模擬するMPPT電子負荷装置に接続し、系統連系せずに動作して
います。
・ 最大4チャンネルのPVスキャナ(切替機)を8台使用し、30枚を設定されたスケジュールに基づいて
 順番に測定
・系統連系が不可能な環境で実運用と同等の負荷を与えたい場合に最適
・自立盤内にシステムを組み込み屋外に設置
・パソコンにて測定結果を集計。I-Vカーブファイル、日報ファイル、月報ファイルとしてCSV形式
 で保存
・I-Vカーブ、日報、月報の各データファイルは、専用ソフトで確認